カラー塗料だけでは傷をカバーできない

車の塗装の傷を隠す場合は、下地を整え塗装する事が大切です。
カラー塗料を塗装に活用す事で、愛車の傷を補修する事は出来ますが、色合わせは欠かせませんから、塗料は妥協しないで色を選びます。
下地が何よりも大切ですし、塗料の発色を良くする中地も欠かせませんから、丁寧に塗料前の段階でベースを整え、塗装の段階に備えます。
プラサフは塗料の下地として利用出来る素材ですから、塗装前に利用する事が最適ですし、傷を隠して塗料の発色を引き出すので、ベースと塗料の両面に効果を発揮します。
クリアーは最終仕上げに適しているので、塗装の馴染みを良くしますから、周囲の色と多少の誤差があった場合でも、上手く誤魔化して綺麗に仕上げられます。
プロが見た場合は施工の技術力が分かりますし、下地処理の丁寧さやプラサフの使い方を把握出来るので、結果から補修の上手さが判断されます。
素人目には分からない程度に直せますが、塗料だけで傷うめを行うのは現実的では有りませんし、補修としては雑な方法なので避けます。
傷直しは塗料だけでカバー出来ませんから、下地処理が結果に影響しますし、クリアーを含めて複数の技術を組み合わせる事により、通常の使用では分からない状態まで傷を隠せます。–¼Ì–¢Ý’è-2

コメントは受け付けていません。