車の調子を維持するためのメンテナンス方法

車にはメンテナンスしなければならない項目がいくつかあります。それは車の調子を維持するため、長く乗り続けるためには必要な項目ばかりです。
エンジン周りでは忘れがちなのが、スパークプラグ交換です。これは劣化してくるとエンジンのかかりが悪くなったり燃費も悪くなります。通常は白金プラグというものが使用されていて、これは2万キロ走行で交換が必要です。
また長寿命タイプのイリジウムプラグは10万キロで交換が必要となります。
もうひとつエンジン周りでは、吸気用のエアクリーナーがあります。これはエンジンが吸い込む空気の汚れを取るもので意外と忘れがちです。これも2万キロ程度で交換が必要で、エアクリーナーボックスがどれかわかれば自分でも交換は可能です。
この2点だけでも車の調子を維持するためには必要なもので、交換することで燃費がよくなります。
オートマチックでもマニュアルでもミッションにはオイルが入っています。オイルは劣化して汚れるので交換が必要です。できれば2万キロ程度で交換します。ミッションは長期間オイルを交換しないと鉄粉などが溜まってしまうので、できるだけ定期的に行います。
タイヤは空気圧を確認します。空気は自然と減ってきます、ガソリンスタンドなどでチェックをして適正な空気圧になるようにします。これも燃費に影響してきます。

コメントは受け付けていません。