擦ってしまったバンパーを直すには

バンパーは車の本体を保護するパーツですが、大切な愛車はバンパーの傷も気になりますから、浅いキズであれば研磨で対応出来るので、コンパウンドの扱い方を知る事が役立ちます。
液体のヤスリとして活用出来るので、磨き方や力加減で研磨の結果が違いますし、粗めから磨く事はキズ直しの基本ですから、複数の番手を用意して順番に行います。
勇気を出して粗めから始める事が大切ですから、研磨は失敗を恐れない事が重要なので、最初から全体を磨くのではなく一部分を磨く事により、コツを掴んで全体の傷に挑戦出来ます。
液体の量も付け過ぎては逆効果なので、適量を取り出し綺麗なウエスで磨く事が理想ですし、番手が変わった場合はウエスも交換する事が必要ですから、磨き方の基本として覚えると今後も活用可能です。
艶があるバンパーは磨き易いですが、つや消しであれば難易度は高まるので、単純に目の細かいヤスリで削る事が解決策ではありませんし、結果を見ずに作業を進めると失敗に繋がります。
拭き取り作業をしながら観察する事が欠かせませんから、状態の変化を確認する慎重さが求められますし、傷を広げない事が重要ですが、ヤスリは傷付けて見た目を変化させる作業である事の理解が必要です。テクノロジー09

コメントは受け付けていません。