汚れを放置すると燃費に影響します

ガソリンを燃焼させることによって車のエンジンの動力を得るわけですが、エアフィルターは異物を捕らえて吸気抵抗を減らすことによって、エンジンの燃焼効率を高めるために設けられています。
エアフィルターが汚れた状態のままで走行を続けると、吸気の状態が悪くなりますので、加速力が落ちてしまうことで燃費効率も悪くなります。このようにエアフィルターの汚れが燃料の不完全燃焼を招く原因となると、結果的には環境だけではなく車自体にも悪影響を与えることになってしまいます。
エアフィルターはエアコンでいうところのフィルターと同じような役割を果たしていますが、取り外してから汚れを水洗いするようなことができません。ある程度強い空気を吹き付けることで多少の掃除はできますが、もともと汚れや異物を吸着するために作られているものなので、基本的には定期的な点検が行い、状態によって交換することが必要となります。車の使用期間、走行距離、使用状況などによって交換時期は異なってきます。エアフィルター自体は取り外しするのも容易ですし、汚れているかどうかは目視で行うことができますので、こまめなチェックを習慣づけることが環境にも車にも望ましいことです。

コメントは受け付けていません。